エアコン洗浄ドットコム
character

エアコン洗浄用品企画/開発/製造/販売(エアコン洗浄用ノズルガン・洗浄カバー・洗浄ホッパー等)の株式会社サニテックが運営している情報発信サイトです。

条件を変えて記事検索

■よく検索されるキーワード(クリックで検索できます) 
など
■任意のキーワードによる検索※1つの単語で検索していただくと結果が得られやすくなります。
  1. 2017.12.06

    市販の高圧洗浄機を使ったエアコン洗浄機

     アイリスオーヤマやマキタの高圧洗浄機を利用して業務用のエアコンクリーニングを行うための洗浄ガン(洗浄ランス)を日本で初めて作ったのが弊社であります。
    日本人の思考にはなぜか、「でなければならない」という強迫観念じみた思想がはびこっていて、「高圧洗浄機は洗車と外壁の洗浄でしか使ってはいけない」とか「使えない」と思い込んでいることが多いようです。また、エアコンは「エアコン洗浄機」と銘打たれた製品以外ではクリーニングできないと考える人も多いようです。洗浄機自身はタダの高圧ポンプであり使い方に制限はありません。
     クリーニングターゲットが大きいのなら、道具も大型・高出力を使って効率化させるのがプロというもの。熱交換器は出力が大きくなるにつれて単層・2層・3層とコアが多層化していきます。吐出圧が低く水量の少ない洗浄機を使用しててはこれらの大型空調機器の洗浄はらちがあきません。
    というよりもクリーニングの行為自体が「のれんに腕押し・糠に釘」状態で、表面以外に洗浄効果を届かせることが出来ないのが実情です。
     業務用大型空調機器には農業用動力噴霧器系の2Map~3.5Mpano中圧洗浄機を使用するよりも、6Mpa~9Mpaほどの圧力を出せる高圧洗浄機でクリーニングすることが望ましいでしょう。





  2. 2017.11.11

    天カセ・天吊パッケージエアコン分解動画①

     マキタMHW710高圧洗浄機に業務用エアコン洗浄専用のショートランスを接続してエバポレーター(熱交換器)を協力洗浄。 ファンが付いたままなのは以前の洗浄業者さんがモーターシャフトの切欠きに合わせずファンを取り付け締め込んで脱着不可能になっているからです。当方の横着作業ではないのであしからず(笑)
    https://www.youtube.com/embed/LU0awrosK64

  3. 2017.11.10

    動画撮影をさせてください

     大阪府下で業務用・家庭用問わず、分解洗浄をなさるエアコンクリーニング業者さまにお願いがあります。
    クリーニングの様子を撮影させてください。

     よろしくお願いいたします。

  4. 2017.11.06

    マスカーカッター

     梱包テープ用のカッターでは不可能ですが、このカッターならフィルム部分もキレイにカットできます。

  5. 2017.11.05

    コロナマスカー

     定番中の定番商品。
    元はといえば塗装業界で使われている製品で、塗料の飛び跳ねや垂れこぼれによる塗装対象材の保護に使われています。
     エアコンクリーニングにおいても、洗剤や汚水の飛び散りや垂れジミの防止に活用できるのは当然のことです。
    フィルム巾が300mm、550mm、1100mm、1800mm、2100mmなど、たくさんの種類があります。


  6. 2017.11.04

    クイックタンク

     エアコンクリーニングサービスでは暑いさなかにたくさんの荷物を持ってお客様へ訪問しなければならず、洗浄機のセットアップも大変な作業となります。
     そこで、荷物は片手に1個、両手で2個運べるように洗浄機付属のコンテナケースではなく、手提げハンドルの付いたケースをオススメ致します。
     クイックタンクは手提げ付きの上、そのケース自身を給水タンクとして使うのにとても便利なワンタッチ接続の給水ホースを内蔵させました。
     タイプはリングスター〘ドカットD-4500〙とアステージ〘シールドボックスシャット 500〙の2種類。

  7. 2017.11.03

    天カセ用エアコン洗浄ホッパーⅡ

     新型天カセホッパーはアルミバーを発泡樹脂板に変更し、洗浄作業時の開口部が大きくなるように改良いたしました。
    数あるエアコン洗浄カバーの中でも、排水ホースが脱着できて使い勝手の良い製品は当製品だけです。

  8. 2017.11.02

    ラムダ型熱交換機専用洗浄ガン

    ラムダ型熱交換機専用洗浄ガンの試作品になります。(現在は発売中)
    レバーコックは胸元で操作してノズル部を腕の振りだけで室内機幅の90センチほどを往復出来るように設計しました。

<< 1 2 3 4 >> 4ページ中4ページ目